×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

イントラレーシックの術後

イントラレーシックは、手術後、すぐに高い効果を得ることができるので、翌日には1.0〜2.0まで、裸眼視力が回復します。イントラレーシックの手術後、フラップはすぐには接着しないので、注意が必要です。イントラレーシックの手術後は眼を清潔な状態で保たなくてはいけないため、1週間くらい保護用の眼鏡やサングラスを着用するよう勧められます。花粉やほこりなどの異物が眼に入らないようにするためです。イントラレーシックの手術後数日間は、感染症に注意することも必要なので、外出はなるべく控えた方がいいでしょう。

就寝時は無意識に眼を擦ってしまい、異物が入りやすいので、イントラレーシックの手術後1週間程度は、保護用のカバーを使用する必要もあります。イントラレーシックの手術後に着用する眼鏡・サングラス・眼の保護用カバーは、眼科医により無料でもらえるかまたは貸し出しとなる場合があります。イントラレーシックの手術後は、たばこ・酒なども3〜4日控えなくてはいけません。イントラレーシックやレーシックでは基本的に翌日から仕事ができるのですが、異物や花粉等の危険性から仕事の内容によっては、1週間ほど休まなくてはいけない場合もあります。イントラレーシックの手術後は、見え方に慣れるまで、夜間の運転などは控えるよう、医師から注意されます。

一番不安視されるイントラレーシックの手術後の副作用や失敗の危険性ですが、高性能なレーザー装置やマイクロケラトームを使い、熟練した医師が手術を行うことで危険性は限りなく少ないといえるでしょうね。体験談や掲示板を見る限りでは、これまで失明した例はないようです。

☆最後の手段と言えるレーシックですが、やっぱりレーシックは怖いという方へ☆
視力回復の権威である、川村博士がトレーニングツールを用意して下さいました。

>>ジニアスeye

イントラレーシックの再手術と危険性

イントラレーシックの手術後、再度近視が戻ってしまい再手術を受けた方もいますが、ほとんどのケースは回復します。イントラレーシック手術の後に起こる後遺症ではハロ現象やグレア現象がありますが数ヶ月経っても治まらない場合には、再手術でかなり改善することができます。イントラレーシックの手術後の視力回復には個人差があるため、自分の希望通りに回復できず、再手術を希望する人もいます。

イントラレーシック手術は、エキシマレーザーを照射して角膜の屈折を調節しますので、角膜の厚さも十分に確保できることから、稀に受けられないケースもありますが、一般的には再手術も可能です。しかし、そこにはリスクがあるため、眼鏡やコンタクトレンズを買い替えるように気軽に行える手術ではありません。イントラレーシック手術を受けた後、0.7以上の視力まで回復している場合は、再手術をした場合の危険性を考慮し、再手術を勧めない医師もいます。3ヶ月後に行う再手術は、フラップをもう一度剥がしてレーザーを照射し矯正しますが、追加矯正なので、一度目と同じようにはできません。

再手術をウエーブフロントで行う病院もありますが、手術によって引き起こした収差を打ち消すために、ウエーブフロントは有効ではないとも言われています。再手術ができない場合、以前のようにコンタクトレンズをつけようと思っても、手術前とは角膜の形状が異なるので、ハードレンズは合うものが少なく、ソフトレンズでも以前と同じような装用感は得られません。

また直接的には問題が起こらず順調に視力回復の恩恵を受ける場合が多いと思いますが、レーシック手術の特徴から緑内障の原因(眼圧の上昇)や、角膜拡張症という症状が発生する可能性もありますので、一応注意を促しておきますね。レーシックによる後遺症の多くは再手術や、その他の治療によって殆どは回復させる事が出来ますが、発生しない事が望ましいのは当然の事です。やはり後遺症等の危険性も含め、慎重にクリニックを選ぶ事が大切と言えるでしょう。

イントラレーシックの後遺症

イントラレーシックは直接眼球に手を加える手術ですから怖い、危ないというイメージがどうしても拭えませんね。また後遺症や術後の悪影響を不安に思う人もいます。そして結論からいうとイントラレーシックによる後遺症といえるものはあります。イントラレーシックの後遺症や合併症として、「ハロ現象」・「グレア現象」という、レーシック同様の現象が起こる場合があります。レーシック・イントラレーシックの後遺症や合併症と言われる「ハロ現象」は、夜間や街頭の明かりを見た時に、光がぼんやりと霧がかかった様に見える状態を言います。イントラレーシックの後遺症や合併症により、数ヶ月は、光が今までよりも眩しく感じるようになるケースが多いと言うことです。

それでも、イントラレーシックはレーシックに比べるとハロ現象の発生数は、大幅におさえられました。イントラレーシックの後遺症や合併症として、近くの文字を読もうとした時、老眼と同様の症状を感じる場合があります。後遺症や合併症を起こした例で、視力回復手術の後、炎症反応を起こしたという例もありました。イントラレーシックの後遺症や合併症と言われているハロ現象・グレア現象ですが、レーシックと違い、手術後1週間から3ヶ月程度で治ります。イントラレーシックの後遺症や合併症により、ドライアイが発生する場合もあります。不正乱視になってしまったというケース、感染症を起こし、眼球が白っぽく濁ることもあるようです。

イントラレーシックの術後に後遺症や合併症などの不安を感じた場合は、かかりつけの医師に相談することが大切です。かかりつけ医のアフターケアが充実していると安心してイントラレーシックを受ける事ができる為、クリニック選びは非常に重要なポイントです。視力回復手術の口コミ 評価の高い品川近視クリニックは東京、大阪、愛知にあります。ここでイントラレーシックを受けた方の98%が裸眼で1.0以上に視力回復したという噂で信頼できるクリニックの一つでしょう。イントラレーシックの後遺症や合併症によっては、再治療が必要になるケースもありますので、手術前のカウンセリングはしっかりと受けておきたいですね。


ジニアスeye